のんびり趣味を楽しむ私の毎日


by duffne-rabi

祖父

   ・9月27日
ここ最近は自分のお茶会や、地元のデパートの新装開店など
浮かれる出来事が多かった気がします。ブログの更新も遅れがちだったり・・・。
そんな浮かれが残っていた今日、会社帰りに携帯がブルブルと・・・。
いや~な予感で出てみると母からで「おじいちゃんが病院にはこばれた」と。
祖父は83歳だったかな?ここ数年は体力がぐっと衰え本当のおじいちゃんと化していました。
糖尿に悩まされ、数か月前からおむつのお世話になっていたのですが、
今日の午後体の感覚がなくなりそのままぐったりとして病院にはこばれたとのこと。
私が病室につくと酸素吸入に数々の点滴。
意識朦朧としているようで、しきりに自由の利く右手で空をつかんでいました・・・。
どうして優しくて働き者のおじいちゃんがこんな目にあわなきゃいけないの。
そう思うとたまらなくなりました。
母や祖母といた間はしっかりしていたつもりですが、
さっき一人シャワーをあびていると涙が止まりませんでした。
人は必ず死ぬのは分りますが、いろんな注射をされ薬をのまされ・・・。
それでも一日でも長く生きて欲しいと思うので辛いです。
今のところ死に至るほどのことはないらしいのですが、
現在左半身の麻痺があるらしく、それがどうなるのか・・・。
とりあえず明日の検査の結果待ちらしいのです。

当分免許のない母を迎えにいったりと忙しい日々が続くと思いますが
元気になった祖父の報告ができると信じて頑張ります。
[PR]
by duffne-rabi | 2007-09-26 22:05 | 家族